コース番号
F-654

日本一のスズ鉱山として栄えた明延鉱山ガイドウォークと日本初の官営鉱山 生野銀山


出発日・旅行代金

出発日
2022年9月28日(水)
  • お一人様(1名参加)20,800円(税込)
  • お一人様(2名以上参加)19,800円(税込)

※旅行代金は大人・小人同額となります。
※無賃幼児はバス席2,500円(3才以上)必要となります。
※ツーリスト(2等洋室)のベッド番号指定、ベッドの上下段希望、およびレディースルームの希望にはお応えできません。
フェリー等級変更についてはお問合せ下さい。
※バス席につきましては、原則申し込み順にお席を決めさせて頂きます。 
前方席(1列目または2列目対応・指定は不可)ご希望は1日あたり500円頂戴いたします。

おすすめポイント

●生野銀山=信長、秀吉の直轄地を経て、家康が但馬金銀山奉行を配置。佐渡や石見と並び天領として徳川幕府の財政を支えました。最盛期には、月産約560㎏の銀が採掘されました。明治には日本初の官営鉱山、宮内省御料局の所管と変遷し、三菱合資会社に払い下げられ、昭和48年に閉山しました。
●明延鉱山=奈良の大仏建立の際に銅を献上したと伝わる古い鉱山。
日本一のスズ鉱山として栄えた昭和初期の町並みがそのまま残っています。
坑道の一部を案内ガイドの説明を聞きながら見学します。

◎技術レベル初級/体力レベル1

歩行約2,5㎞・約1時間 高低差約80m

旅行日程表(==バス, ……徒歩, +++リフト・ロープウェイ・列車, ~~船)

日程 行程 宿泊 食事
1 【お客様各自送迎バス利用】小倉駅北口(18:40)=門司駅北口(19:00)=新門司港フェリーターミナル※添乗員が受付/新門司港(2便船)19:50発~~ 船中泊 ×
2 ~~大阪南港(8:30)=生野銀山(入山/生野ハヤシライスの昼食)=あけのべ自然学校(町並み、明延鉱山探検坑道、一円電車などをガイドウォーク)=大阪南港(2便船)19:50発~~ 船中泊 ×

×
3 ~新門司港(8:30着)到着後解散 送迎バス利用=門司駅北口=小倉駅北口
×

■最少催行人員:20名■添乗員が同行いたします■このコースにはバスガイドは同行しません■現地ガイドが同行します■旅行代金に含まれるもの:往復フェリー(ツーリスト2等洋室)料金、バス代、通行料、高速代、食事代(昼食1回)、生野銀山入山料・明延鉱山入場&ガイド料、消費税等諸税■利用バス会社:国際興業大阪もしくは同等クラス

ご予約・お問い合わせ